お見合いだって「恋愛結婚」

今回は一般的な結婚相談所のお見合いの流れを説明しましょう。

まず、登録すると、インターネットで異性登録者のプロフィールが見られるので、そこから自分がお見合いしたい人を見つけ、お申し込みをします。

もちろん、向こうからお申し込みが来る場合もあります。結婚相談所に登録すると、登録者、全員分のプロフィールを見ることができます。

お互いに会ってみたいと思ったところで、初めてお見合いが成立します。

待ち合わせ場所には基本的にそれぞれの仲人が同行しますが、ある程度お互いに自己紹介をさせておしまい。その後は、二人でお茶をしたり、食事に行ったりすることになります(仲人によってはお茶に同席する人もいます)。

お見合いをしたら、その日のことを必ず仲人に報告するのがルールです。当日の夜か、遅くても次の日の朝には、お見合いをした相手に今後も会いたいかどうか、電話で仲人に伝えます。そこで、結婚相手として可能性があると思えば、お付き合いに入るわけです。

仲人は、出会いを提供した後は、求められたときにアドバイスするのみ。つまり、現代のお見合いは、「出会いがお見合い」というだけで、普通の恋愛と何ら変わりはありません。

かつて、「仲人のプこと言われた人は、70~80歳のご年配の方がほとんどでした。

母親は、息子や娘が年ごろになると、「そろそろ頼もう」と、菓子折りと1~3万円を包んで相談に行ったものです。そして、仲人が「決まりましたよ」と言ったら、それでもう成婚です。完全に決定なのです。結婚相手と会うことのみならず、結婚相手探しを頼んだ側から「どんな人なのですか?」といったことを聞くことなど、もってのほかだったのです! 当時は自分の結婚のことは完全に身を委ねるスタイルが、仲人にお預けする、ということだったのです。仲人を信頼してすべてを委ねるので、お断りを入れたら次はないし、お願いをしに行った母親の立場もなくなります。

結婚が決まったら、仲人と一緒に懐石料理の席などで顔合わせをします。初対面ですが、二人はすでに婚約者です。そこでも、仲人にお礼の3~4万円を渡し、結婚までを仕切ってもらいます。

 

今は、とてもじゃないけど、人の言うなりに結婚する人なんていません。そのため、このような仲人さん絶対制のお見合いはなくなっていき、現在のようなシステムになっているのです。

今このスタイルが主流になっているのは、この「現代的お見合いシステム」が時代にマッチしたからだと思っています。今の主流になっているシステムの結婚相談所や婚活サービスを利用しようと考えているならここのような婚活サービスをまとめたところで自分にあったものを選ぶといいかもしれません。

今のお見合い市場の特徴は、お見合いじやなくても結婚できる人がたくさん登録していること。「お見合いなんて、売れ残りしか来ない」というのは大間違い。モテるのに「より多くの人の中から、もっとすてきな人と出会いたい」と登録してくる男女がたくさんいるのです。

そうなると、そんな人たちの中から選びたい放題! と言いたいところですが、そんなに甘くはありません。相手に会うためには、自分も選ばれる人間でなければいけないのです。

プロフィールを見て、「この人なら会ってみたい」と相手に思ってもらわないことには、お見合いは成立しないわけですから。

 

未分類

賢い女性ほど「お願い」を言葉にするのがうまい

「彼は、どうして私の本心をわかってくれないの?」

これは、男女の間で避けて通れない、永遠の課題です。

相談者さんから、こんな話を聞きました。

あるとき、デート当日に体調を崩してしまったので、残念に思いつつも彼に連絡をしたそうです。

彼女「ごめん、今日具合が悪いから、約束を延期してもらってもいい?」

彼氏「わかった。大丈夫? お見舞いに行こうか?」

彼女「ありがとう、でも大丈夫だよ(本当は来てほしいけど、悪いから……)」

彼女は、「来なくて大丈夫」と言いましたが、本当は来てほしいと思っていることに彼が気づいて、お見舞いに来てくれると考えていました。

でも、いつまで待っても彼はやってきませんでした。

後日、元気になった彼女が、「この間、どうしてお見舞いに来てくれなかったの?」

と彼を責めると、それを聞いた彼は、「君が、来なくていいって言ったからだろ!」と怒ってしまったといいます。

こうしたすれ違いは、男女の間では日常茶飯事です。日ごろのなんでもないような場面で、「なんで彼は気持ちをわかってくれないのかな~」「これが女友達だったら、あうんの呼吸で通じるのに!」と悩む女性は多いのではないでしょうか。

男性は、基本的に単純な(失礼!・)生き物。言われたことは、その言葉通りに理解します。ですから、言葉の裏に隠れた真意なんて、とうてい見抜けません。

彼女に「(本当は来てほしいけど、悪いから)来なくて大丈夫だよ」と言われれば、それをそのまま受け取るので、彼女が実は期待していたお見舞いには来ないというわけです。

言い方を変えれば、男性はとても「素直」で「ピュア」な生き物です。男同士のつき合い方にもそれは表れています。女性のように空気の読み合いをすることはありません。

一方、女性はなかなか谷百葉=本気の気持ち”とは受け取りません。細やかに相手を観察し、気づかい、思いやる習性があるからです。

ですから、体調を崩した彼氏から、

「(熱はあるけど、必要なものは一人で買いに行けるし)来なくて大丈夫だよ」

と本心を言われても、(私に悪いと思って「大丈夫」って言っているんだろうな。よし、お見舞いに行こう!)と言葉の裏を読んで、彼のもとへ向かうのです。

では、こうしたすれ違いを解消するには、どうしたらよいのでしょうか。

私のまわりにいる、男性とうまくつき合っている女性たちを見て学んだことがあります。

それは、「賢い女性ほど、自分の願いを言葉にするのがうまい」ということ。

パートナーや恋人には、ごくごく自然に、そして具体的に、自分の「願い」を伝えるのです。

「体がちょっとつらいから、飲みものとクスリを買ってきてもらえる?」

「今日は帰りが遅くなりそうだから、お皿を洗っておいてくれると助かるな~」

男性は、「大切な人を満足させてあげられる俺」が大好き1・ ですから、なにをしてほしいのかが具体的にわかれば、喜んで女性に協力してくれるものなのです。

そうして実際に、男性がその願いをかなえてくれたら、惜しみなく感謝しましよう。

これで男性は、「また、彼女のためになにかしてあげよう」と思えるのです。

これが「愛される女」になる秘訣。

男性に勝手に期待して怒ったり悲しくなったりするよりも、わかってほしいことは言ってしまうほうが、二人にとっていいことばかりです。

 

未分類

男は忙しい女性につい魅かれる

「もう、彼氏いない歴半年なんです。友達の結婚式に行くのがつらすぎて……。早く彼氏がはしいんです!」

こんなふうに、女性から。寂しくてたまらないから、一刻も早く彼氏がほしい゛と相談を受けることがよくあります。

特に、予定のない週末や、クリスマスや誕生日、バレンタインなどのイベントごとが近づいてくると、「こんなとき、彼氏がいたらなあ」と思うこと、ありますよね。

でも、心では、「寂しいから彼氏がほしい」と思っても、それを表に出すのは絶対にNG。

なぜなら、寂しくて満たされていない女性は、男性の目に魅力的に映らず、彼女候補として見てもらえないからです。

男性は「本命候補」と「遊び相手止まり」の女性をハッキリと区別します。

寂しくて恋人を欲している女性を察知し、即座に「この女は、今遊びどきだ」と判断して、一瞬で本命候補から外してしまうのです。

つまり、「寂しいアピール」をしているときに近寄ってくる男性は、あなたのことを手ごろな遊び相手として考えている可能性が高いということ。

実際、「彼氏と別れたばかりで寂しくて……」と男友達に相談して、その日の夜をともにしてしまったという話を本当によく耳にします。

一方、男性が「本命候補」として考えるのは、充実した毎日を送る女性です。

「忙しすぎると、予定を合わせるのが大変で、男性から誘われなくなるのでは?」

と思うかもしれませんが、それは間違い!

多くの男性は「みんなに人気のある女性に目がいく」のです。

それは、ほかの男性からもたくさんのアプローチを受けているであろう女性を彼女にできた、という優越感につながるからです。だからこそ、女がどんなに忙しくしていても、「だったら、一ヵ月先でもいいから予定を押さえる!」と燃え、デートまでの1ヵ月を心待ちにし、当日を迎えると、
「俺、今日、あの○○ちゃんと一日一緒にすごしちゃってるよ!」と、優越感にひたるのです。

もちろん、忙しすぎるのは考えもの。

何度誘っても会えないのでは、さすがの男性もモチベーションが下がってしまうので、彼に対してあなたも好意を持っているのであれば、別の日を提案するなどの配慮は必要です。

一方、草食系の男性に対しては、あまり多忙な様子を見せないほうがいいでしょう。彼らは、忙しい女性に対して「つき合ってもらえるまでねばる!」と燃え上がったりはしません。

でも、充実した女性に魅かれるのはほかの男性と同し。恋愛に積極的ではないからこそ、充実した生活を送る明るくて魅力たっぷりのあなたを見せることで素敵だと思わせ、「いつの間にか、恋に落ちた」状態に持っていくのがベストです。

長いこと彼氏がいなくてあせってきても、「彼氏がほしくてしかたない!」という寂しい気持ちを態度に出すのはやめましょう。

そういうときは、いったん恋愛のことを考えるのをやめて、新しい趣味を持ったり、仕事に邁進したりして、素敵な恋愛に出会うための。恋愛休息時間々をつくるのがオススメ。

いい睡眠(休息時問)をとると、翌日いいパフォーマンスができるのと同じで、恋愛にも休息時間を与えることによって、より素敵な恋愛ができるようになりますよ。

 

未分類

男は女の「足りない部分」を愛する

あなたには、目標としている女性はいますか?

恋活中、婚活中の女性にこの質問をすると、「仕事ができ、家庭的なことも得意な、プライペートも充実している人」をあげる人が非常に多くいます。

すべてを持っているように見えてあこがれる……その気持ち、よくわかります。そういう女性は、とてもカッコよく思えますよね。

そんな女性像に近づくべく、料理が苦手な人は料理教室に通い、スタイルに自信がない人はジムに通い、英語がうまくなりたい人は英会話の勉強をします。女性は、つねに自分磨きをおこたらない生き物です。

男性の目にも、なんでもできる女性は、とても素敵に、魅力的に映るでしょう。

しかし、それがそのまま恋愛対象になるかというと、そうではないのです。

男性が魅かれてしまうのは、すべてを持っている女性ではなく、「ちょっと足りない部分がある女性」なのです。

なぜなら、その女性の足りない部分を自分が補ってあげることができるからです。

「料理なら俺が得意だから大丈夫」

「俺はスタイルなんて気にしないよ」

と、女性の足りない部分を認め、補うことで、男性は自分の存在意義を見いだすのです。

ですから、男性に意識されたい、恋愛対象になりたいと思うなら、

「どこか放っておけない」

「自分が支えてあげたい」

と思わせることが大切。男性は、女性のそういった面を見ると、その人のことを自然と気にかけるようになるのです。

恋愛、ましてや結婚を意識する上では、「この人を支えてあげたい」という感情が、男性の気持ちを動かす大きな要因の一つになります。

だから、男性の心を燃え上がらせるためには、そんな「足りない部分」を見せることも必要なのです。

なんでも自分と同じかそれ以上にできてしまう「すべてを兼ね備えた女性」というのは、男性の目には、自分が入りこむスキのない人として映ってしまい、

「この人は一人でも大丈夫そうだなあ」と思われがちです。

もちろん、向上心を持って努力し続けるのは、とても大切なことです。女性としてだけではなく、人間としても成長し、輝き続けることができるでしょう。

ただし、「なんでもできる、完璧な女性」のイメージをつくるのはほどほどに。せっかくのチャンスを逃さないようにしてください。

女性のもろさや、がんばっているけれどうまくできないという姿が、かえって男性の心に響くこともあるのです。

そんな姿を見た時、男性は「俺には弱いところを見せてくれるほど、心を許してくれているのか」と思い、彼女との距離が急に近く感じられ、「そばにいてあげたい」と思ってしまいます。

だから、あえてそういう面を見せることで、男性の気持ちをコントロールすることもできるのです。

自分の輝いているところと、「ダメ」なところをうまく使い分けて、男性を夢中にさせてしまいましょう!

 

未分類

女の「一瞬の表情」に男はトキめく

「この髪型や服装、男性にはウケないんでしょうか?」

相談が始まった途端、こんな質問をされたことがあります。話を聞いてみると、最近知り合った素敵な男性と、先日初めてのデートをしてきたとのこと。

見た目も性格もかなりタイプだから、全力でアピールしなきゃ! と気合いを入れたという彼女。

週末に美容室にもネイルサロンにも行って、新品の上品なワンピースを着て戦闘態勢!

食事中も、髪型が乱れていないか、メイクがよれていないかなど、ときどきお手洗いに行って確認し、完璧な自分を保つことができたそうです。

そして「素敵な姿を見せることができた! 次もまたがんばらなくちゃ!」とワクワクしながら帰宅するも、その後の連絡はなし……。

実際、この女性のように、「がんばって、うまくいったと思ったのに」「なにがいけなかったのか、わからない」という相談は、本当に多いのです。

実は、これも男女のすれ違い。

女性は、服装やメイクに力を入れることで相手への好意を示したり、自分をアピールしたりする生き物。

興味のない相手に会うときには、メイク直しをすることもないし、近所のコンビニに行くときにはすっぴんで出かけたりもしますよね。見た目に気合いを入れていれば、それが男性に伝わるものと思っているのです。

しかし、男性には女性の服装やメイクの違いなんてほとんどわかりません。

あなたが高いお金と時間をかけてお手入れしてきたツヤツヤの髪や、キラキラしたネイルを見ても、「おお、すごい気合いを入れて來てくれたんだ!」などと感動しないのです。簡単なセルフネイルや、いつもと同じ髪型でも、とにかく。清潔感が保たれていて、ある程度おしやれなら、それで十分満足しています。

では、男性は女性のどこを見て、「自分に気があるのかも?」と判断するのかというと……それは。笑顔!

思わせぶりな女性は、本当に笑顔の使い方がうまく、男性を勘違いさせてしまうこともしばしばあります。勘違いした男性がこぼす「だってあの子、いつも俺のこと、笑顔で見てたんだよ!」は、聞き飽きたセリフです。

男女問わず、笑顔の人と一緒にいると、自分まで楽しい気持ちになれますよね。

これと同じで、あなたがいつも笑顔で二コニコしていると、相手の男性も、「この子と一緒にいると、本当に楽しいなあ」と、あなたへの好感度がぐんと上がりますし、その「楽しい」という気持ちが、「この子のこと、好きだなあ」という確信に変わることもあるのです。

服装やメイクにかかるお金や時間を考えたら、たった一秒でできてお金がかからないのに、これだけの効果を持つ笑顔を利用しない手はありませんよね!

このように、男性は女性の笑顔の度合いで自分への好意を量っているもの。

笑顔をプラスすることで、あなたの魅力も好意も男性にうまく伝えることができます。

鏡でまずチェックするべきなのは、メイクや髪型ではありません。彼に素敵だと思ってもらえる笑顔ができるか、それが一番のポイントなのです。

 

未分類